高速道路 一部区間で最高速度120kmに

社会


高速道路の一部区間で、最高速度が100kmから120kmに引き上げられる見通しになった。

対象区間は、新東名高速の御殿場ジャンクションから浜松いなさジャンクション、東北道の花巻南インターチェンジから盛岡南インターチェンジなど、4つの高速道路の5区間が想定されている。

新東名と東北道の一部区間では、2019年3月から最高速度が試験的に引き上げられていて、警察庁が調査した結果、死傷事故の発生状況に大きな変化はなく、安全性が確保されたという。

(FNNプライムオンライン7月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース