河井案里被告の保釈請求 特別抗告棄却の決定

社会


2019年の参院選をめぐり、夫で前法相の河井克行被告(57)と共謀し、票の取りまとめを依頼する目的で、地元議員らにおよそ170万円を配った罪に問われた、参議院議員の河井案里被告(46)の保釈について、最高裁は、22日までに特別抗告を退ける決定をした。

案里被告の保釈請求は、東京地裁に認められず、準抗告も棄却され、特別抗告していた。

克行被告の保釈も認められておらず、2人の東京拘置所での勾留が続くことになる。

(FNNプライムオンライン7月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース