6月のスーパー売上高 外出自粛で3.4%増

経済・ビジネス


スーパーの売り上げが、2カ月連続で前の年を上回った。

日本チェーンストア協会が発表した、6月の全国の主なスーパーの売上高は1兆859億円だった。

1年前も営業していた既存店で比較すると、前の年の同じ月から、3.4%の増加。

緊急事態宣言の解除後も、テレワークや外出控えなどで自宅で食事をする人が多く、食料品が好調だったという。

また、1月から6月までの上半期の売上高も0.4%増加(前年同期比)し、4年ぶりのプラスとなった。

(FNNプライムオンライン7月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース