「はやぶさ2」10年かけ新たな旅へ 「リュウグウ」から帰還後

科学


JAXAは、小惑星探査機「はやぶさ2」が新たな挑戦の旅に出ると発表した。

はやぶさ2は、現在、順調に飛行中で、2020年12月6日に地球に向かって小惑星のサンプルが入ったとみられるカプセルを放出する予定。

その後、354の天体の中から絞られた「2001AV43」か、「1998KY26」か、いずれかの小惑星に向かう予定。

2020年9月をめどに目的地が決まる予定で、はやぶさ2は、およそ10年かけて新たな探査に挑む。

(FNNプライムオンライン7月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース