米が中国の総領事館閉鎖を要求 「知的財産と個人情報守るため」

国際


アメリカ政府が、中国の総領事館閉鎖を要求。

中国は猛反発。

アメリカ政府は21日、中国に対して、テキサス州ヒューストンにある総領事館を閉鎖するよう要求した。

期限は72時間以内で、現地時間の24日午後4時までとみられる。

閉鎖を求めた理由について、アメリカ国務省は、中国によるスパイ行為などに言及したうえで、「アメリカの知的財産と個人情報を守るためだ」としている。

また、この日、総領事館では職員らが紙のようなものを燃やす様子が目撃され、消防が出動する騒ぎがあった。

今回の閉鎖要求と関連があるかは、まだ明らかになっていない。

中国外務省は、アメリカの措置に対して「政治的な挑発だ。取り消さなければ対抗措置をとる」と猛反発していて、米中の外交的な緊張が高まるおそれがある。
 

(FNNプライムオンライン7月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース