中国の火星探査機 米に次ぎ打ち上げ成功

国際


中国は23日、火星探査機「天問1号」を搭載したロケットの打ち上げに成功した。

火星周辺に到達するには、およそ7カ月かかる見通しで、途中で分離した着陸機を軟着陸させ、探査機をおろす計画。

軟着陸に成功すれば、アメリカに次いで2カ国目となり、米中対立が激化する中、火星にも覇権争いが広がるとみられる。

習近平指導部は「宇宙強国」を目指していて、2021年は、中国共産党結党から100年の節目の年にあたることから、国威発揚の狙いもあるとみられる。

(FNNプライムオンライン7月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース