激しい雨で川増水 熊本・合志市

社会 暮らし


活発な梅雨前線が停滞しているため、九州などで大雨となっている。

東海から九州の広い範囲で、26日にかけて大雨の見込みで、土砂災害などに、厳重な警戒が必要となる。

熊本・合志市では、街中を流れる川が増水していて、あふれた水が道路に流れ出ている。

隣の熊本市では、午前7時ごろまでの1時間に、72mmの非常に激しい雨を観測した。

前線にともなう線状の雨雲は遅い動きで、九州から中国地方を通過中。

大気の状態が不安定になり、24日朝は、長崎県や熊本県などで1時間に80mm以上の猛烈な雨が降ったところがあった。

24日11時半現在も、九州南部を中心に大雨となっている。

このあとも雨は続く見込みで、西日本では26日にかけて、東海では24日夜から26日にかけて、局地的に雷をともなった非常に激しい雨に警戒が必要。

25日朝までの24時間に予想される雨量は、多いところで、九州で300mm、四国で250mm、中国で200mmなどとなっている。

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫などに厳重な警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン7月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース