米・ポンペオ長官「総領事館はスパイ拠点」 米中対立激化

国際


アメリカのポンペオ国務長官は、中国の習近平国家主席を名指し、「破綻した全体主義の信奉者だ」と批判した。

米中の対立がエスカレートするのは、確実。

23日の演説で、ポンペオ国務長官は「習近平国家主席は破綻した全体主義思想の信奉者だ。彼は中国共産主義に基づく世界覇権を取ろうとしている」と発言し、さらに、21日に閉鎖命令を出したテキサス州ヒューストンの中国総領事館についても、「スパイの拠点となっていた」などと明言した。

そのうえで、「もう中国を普通の国としては扱えない」と述べ、圧力を強めている。

また、アメリカ司法省は、中国人4人を軍との関係を隠して、不正にビザを取得した疑いで訴追した。

このうちの1人は、サンフランシスコの中国総領事館でかくまわれているとしている。

中国政府は、総領事館の閉鎖をめぐって、報復措置も辞さない構えで、アメリカの外交トップが習主席を名指しで批判したことを受けて、さらに反発することは確実。

(FNNプライムオンライン7月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース