手助けの男が語った逃亡劇 ゴーン容疑者

国際


日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者の逃亡を手助けしたアメリカ人親子が、逃亡の前後にゴーン容疑者の家族と接触するなどしていたことがわかった。

ゴーン容疑者の逃亡を手助けしたとしてアメリカで逮捕された、マイケル・テイラー容疑者は、アメリカの雑誌の取材に応じ、逃亡事件の前に妻・キャロル容疑者に数時間にわたり面会していたことを明かした。

また、ゴーン容疑者が乗ったプライベートジェットが日本から離陸したあと、隠れていた箱の上で足を組んだり、機内で食事をしていたことなど、逃亡劇の詳細を述べている。

一方、アメリカの検察側は、ゴーン容疑者の息子が事件後、テイラー容疑者の息子に仮想通貨でおよそ5,300万円相当を送金していた証拠を提出。

家族が何らかの形で関わっていた疑いが強まっている。

(FNNプライムオンライン7月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース