週末にかけ前線活発 西日本で大雨に警戒

社会 暮らし


週末にかけて、大雨に警戒が必要となる。

活発な梅雨前線の影響で、九州では24日未明から大雨となり、熊本や長崎で1時間に80mm以上の猛烈な雨が降ったところがあった。

25日未明からは、活発な雨雲が、四国から近畿・東海にかかる予想で、26日にかけて局地的に雷をともった非常に激しい雨に警戒が必要。

25日夕方までの24時間に予想される雨量は、多いところで、四国で300mm、東海で250mm、九州南部・近畿で200mm、関東・甲信で150mmなどとなっている。

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫などに厳重な警戒が必要。

(FNNプライムオンライン7月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース