「責任から逃げている」枝野氏が感染増で安倍首相の会見要求 合流協議に持論述べた玉木代表には不快感

政治・外交


東京を中心に新型コロナウイルスの感染者が全国で増加していることを受け、立憲民主党の枝野代表は24日、安倍首相による記者会見での説明を求めた。

枝野代表はコロナ感染者の増加を受け「大変な数になっていることを憂慮している。この状況でも緊急事態宣言を出さないことについて医療体制の状況が違うなど、定性的な説明はうかがっているが、具体的問題としてさらに感染者・重症者が増えた場合、医療は大丈夫なのか」などと指摘した。

そして、「実際にPCR検査が受けられない、その程度なら我慢して待ってくださいというような声が各地から聞こえるようになっている」として次のように述べた。

枝野代表「こうした状況が例外だと言うのならもっと具体的に説明する必要がある。政府や東京都や大阪府の担当責任者は、『数字に注意してください』とだけ言うのではなく、これだけの感染者数でも大丈夫だというなら、もっと具体的な説得力ある説明をしなければいけないのに、その責任から完全に逃げている。まず総理が出てきて記者会見をして、どういう現状が状況なのか説明していただくのが必要」

枝野氏はさらに、政府が医療体制に関する客観的数字を示すよう求めたほか、この状況下でのGoToトラベルについては立ち止まるべきだとして、かわりに観光関連業者への直接支援を行う方が効果的だと指摘した。

また、国民民主党との合流協議については、「交渉当事者でない人が外でいろいろなことを言うとまとまるものもまとまらなくなる」と指摘し、具体的コメントを避けた。

その上で、国民民主党の玉木代表が、合流後の党名は投票で決めるべきだとし、政策面でも注文をつけていることを念頭に、「幹事長間で真摯(しんし)に前向きな協議を進めているのに交渉当事者でもない執行部の人間が外部にものを言うのはまとめたくないんだという意思表示としか思えないので私は何も言いません」と述べ、玉木氏への不快感をのぞかせた。

(FNNプライムオンライン7月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース