あすにかけて大雨警戒 西日本から東日本

社会 暮らし


活発な梅雨前線の影響で、西日本から東日本では、26日にかけて大雨に警戒が必要。

25日朝は、東海など太平洋側を中心に断続的に激しい雨が降り、三重・伊勢市では、道路に水がたまり、走る車が水しぶきをあげていた。

JR東海によると、この雨の影響で、東海道新幹線の豊橋駅と三河安城駅の間で、午前11時前から運転を見合わせていたが、午前11時20分ごろに運転を再開した。

また、1時間に39mmの激しい雨が観測された、茨城・水戸市では、川からあふれた水が公園に流れ込んで、一面が水に漬かった。

26日も、西日本から東日本にかけての太平洋側で、大雨に警戒が必要。

26日朝までの24時間に予想される雨量は、多いところで東海で250mm、四国で200mm、近畿で180mmなどとなっている。

土砂災害や河川の増水・氾濫に、厳重な警戒が必要となる。

(フジテレビ)

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン7月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース