26日にかけて大雨のおそれ 西~東日本の広い範囲で...

社会 暮らし


活発な梅雨前線の影響で、西日本から東日本では、26日にかけて大雨に警戒が必要。

25日朝は、太平洋側を中心に激しい雨となり、茨城・水戸市では、川からあふれた水が公園に流れ込んで一面が水につかったほか、道路が冠水して車が立ち往生するなどの被害が出た。

また、三重・大紀町では、午前10時ごろまでの3時間に、7月の観測史上1位となる97.5mmの雨を観測した。

25日夜から26日にかけても、再び九州から東海の広い範囲に活発な雨雲がかかる見込みで、特に太平洋側では、同じところで長い時間、激しい雨の降るおそれがある。

26日夕方までの24時間に予想される雨量は、多いところで、東海と四国で200mm、関東と甲信と近畿で120mmなどとなっていて、その後もさらに雨量が増える見込み。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、厳重に警戒する必要がある。

(FNNプライムオンライン7月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース