「分娩時のマスク着用」が物議…なぜ必要?危険はない?日本産科婦人科学会に聞いた

暮らし 医療・健康

  • 「分娩時にはマスクをつけて」という投稿が話題
  • 「苦しかった」などの体験談や「必要ないと言われた」の声も
  • マスクをつけたまま出産して危険はない?日本産科婦人科学会に聞いた
  • 「分娩時にはマスクをつけて」という投稿が話題
  • 「苦しかった」などの体験談や「必要ないと言われた」の声も
  • マスクをつけたまま出産して危険はない?日本産科婦人科学会に聞いた

分娩時のマスクは「つらい」?「必要」?

新型コロナウイルスの感染防止策として、マスクの着用が推奨されている現在。
多くの施設の入り口にマスクの着用をお願いする張り紙などを見かけるが、今、Twitterに「分娩時のマスク着用」をお願いするポスターが投稿され、大きな話題となっている。


投稿された写真には、マスクを着けて赤ちゃんを抱く女性と男性のイラストに「分娩時のマスク着用をお願いします」というメッセージが入っている。

この投稿はたちまち話題となり、実際に分娩時にマスクを着用するよう求められたという人たちから「朦朧としていきめず悪循環」「酸素が足りなくなってきつかった」などの体験談も寄せられた。

一方で、反対に「病院側から『マスクを着けたままというのは大変だから着けないでいい』と言われた」という体験談や、「赤ちゃんや医療者が感染してしまう可能性もあるからマスクは必要」「他の妊婦さんに感染したら大変」など、様々な意見が飛び交った。

もし妊婦さんが無症状の感染者だった場合、生まれてくる赤ちゃんや医療スタッフへの感染を警戒しなくてはならないのもわかるが、マスクをしたままの出産というのは想像しただけで苦しそう…と思ってしまう。

環境省や厚労省は、熱中症のリスク軽減のため、屋外で人と2メートル以上の距離を確保できる場合はマスクを外すよう呼びかけるなどしているが、出産の際はマスク着用をしなければならないのだろうか。そして、マスク着用での出産に危険はないのだろうか。

公益社団法人 日本産科婦人科学会の木村正理事長にお話を伺った。

「絶対にマスクをしてくれ」ということはない

――分娩の際、マスクをつけるべきというのは本当?

妊婦さんだけでなく、医師側も誰が無症状の感染者であるかということは100%はわかりません。分娩時は強く息を吐き出すため、飛沫が飛びます。そのような中で、妊婦さん同士が感染し、さらに生まれてくる赤ちゃんに感染してしまう、という院内感染の連鎖が起きてしまうことが最も恐ろしいことです。

感染予防のためには手洗いやマスクの着用などの対策が最も重要です。マスクをしても完全に感染が防げるわけではありませんが、医療者側と患者側双方が着用すれば感染リスクは確実に下がるため、可能な限りマスクの着用をお願いしているということです。


――酸欠になってしまうなどのリスクはない?

マスクを着けている時と着けていない時で、取り込める酸素の量に変わりはありません。
しかし、もちろん長時間の分娩でマスクを着けているとどうしても苦しい、つらいというのは分かります。そのような時にも「絶対にマスクを着けてくれ」ということはありません。
誰もが少しずつ不自由をしている現状で、協力してもらえる方にはマスクの着用をお願いしたいということです。


日本産科婦人科学会によると、今年5月に全国766の施設を調査したところ、64%の施設で分娩時にマスクの着用をお願いしているという。

仮に妊婦さんが無症状の新型コロナ感染者だった場合、分娩時に大きく息を吐くことでウイルスを飛散させてしまうことによる院内感染を防ぐため、「分娩時のマスク着用」は必要だという。
 

院内感染を防ぐことが重要(イメージ)
院内感染を防ぐことが重要(イメージ)

しかし、これはあくまでも「可能な限りの協力」である、ということが重要。

投稿へのリプライの中にはマスクを外すことを許されず“強要”されたと取れる体験談が数多くあったが、日本産科婦人科学会は「どうしても苦しいという産婦さんに無理にマスクを着けてもらうことはない」と話している。

「全国統一ルール」は難しい

そして気になるのは、マスクの着用に関して「病院側からお願いされた」「病院側がしなくていいと言った」など、ばらつきがあることだろう。
「すべての病院でルールを統一してほしい」との声もあったが、これについても聞いてみた。


――「分娩時のマスク着用」について統一の指針を出す予定はある?

地域によって感染状況にばらつきがあるため、「全国向け」に一律の情報を出すというのは非常に難しく地域ごとに対応していくことが重要になるかと思います。


学会として統一の指針を出すということは現在考えていないとのことだが、今回、SNSで話題となっていることについては「情報提供の重要性を感じている」とのこと。
今後、学会が監修する妊娠・出産情報を発信するスマートフォンアプリ「Babyプラス」などでの情報発信も視野に入れているという。

全国統一のルールがないというのは不安に思う人もいるだろうが、感染者数などにより地域ごとに対策の濃淡があるのは事実だ。分娩時のマスク着用について、日本産科婦人科学会の考え方は「無理をしない範囲で、基本的な感染予防をする」というシンプルなものなので、よく相談して出産に臨んでほしい。
 

(FNNプライムオンライン7月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース