沖縄の米軍基地で66人感染 日本人約800人も検査

社会 医療・健康


沖縄県のアメリカ軍基地では、新たに66人の感染が確認され、基地で働く日本人従業員を対象にPCR検査が行われている。

24日と25日の2日間で新たに感染が判明したのは、普天間基地とキャンプ・ハンセンを中心に66人となり、沖縄県のアメリカ軍関係者の感染は、7月だけで226人にのぼる。

こうした状況を受け、県などは、クラスターが発生している基地で働く日本人従業員およそ800人を対象にPCR検査を実施している。

普天間基地の従業員「結果が出れば安心ですけど、まだわからないでしょ」

検査は26日も行われ、結果は順次判明する。

(FNNプライムオンライン7月26日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース