テレワーク7割実施 西村経済再生相、経済界に再要請へ

政治・外交 経済・ビジネス 医療・健康


西村経済再生担当相は、新型コロナウイルス感染者の全国的な増加を受け、従業員7割のテレワーク実施などを、近く経済界にあらためて要請する考えを示した。

西村経済再生相「ぜひ、テレワーク(の割合を)後戻りすることなく、多様な働き方の中で維持をしてほしい」

西村経済再生相は、感染者が全国的に増加していることをふまえ、従業員7割のテレワーク実施や時差通勤を、近く経済界にあらためて要請する考えを明らかにした。

このほか、感染防止のガイドライン徹底や体調が悪い従業員の自宅待機、接触確認アプリの導入も求めていくとしている。

また、重症化するリスクの高い60代以上の高齢者の感染が増えていることを指摘したうえで、今週中にも新型コロナウイルス対策の分科会を開き、専門家による感染状況の分析を行う方針を示した。

(FNNプライムオンライン7月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース