渡航自粛? 揺れる沖縄 警戒レベル引き上げ

社会 暮らし 医療・健康 旅と暮らし


観光シーズンを迎え、沖縄県の玉城知事は、県内で新型コロナウイルスの感染が広がっていることをふまえ、感染地域から沖縄への渡航自粛を求めるかどうか、28日に判断する。

沖縄県では、26日までの1週間で新型コロナウイルスに新たに感染した人は41人にのぼり、玉城知事は、4段階ある県独自の警戒レベルを第2段階の「流行警戒期」に引き上げた。

玉城沖縄県知事「連休中および連休後の感染状況等を勘案し、県民生活への影響を最小限にしつつ、感染拡大を効果的に抑え込むため、(渡航自粛要請など)実施内容については慎重に判断する必要があると考えております」

玉城知事は、27日に開かれる県の専門家会議の意見や観光など業界団体との意見交換をふまえて、感染地域からの渡航自粛を求めるかどうか、28日に判断する。

(FNNプライムオンライン7月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース