コロナで客減少 東武百貨店 営業短縮へ

経済・ビジネス


東武百貨店が、営業時間を短縮する。

東武百貨店は9月1日から、池袋本店と船橋店の営業時間を変更すると発表した。

池袋本店では、一部のレストランなどを除いたほとんどのフロアで、1時間から1時間半、船橋店では、食品フロアと婦人雑貨フロアなどで1時間、営業時間が短くなる。

新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛や在宅勤務などが続いているため、来店客が減少していて、これを機に従業員の働き方改革を進めるためとしている。

(FNNプライムオンライン7月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース