手のひらに長期的な湿疹 コロナ後遺症苦しむ日々

社会 暮らし 医療・健康


赤い湿疹が広がる、手のひらの写真。

これは、21歳の男子大学生がコロナに感染した直後の4月に撮影したもの。

こうした湿疹が7月に入っても残るなど、男性は、さまざまな後遺症に苦しんでいる。

後遺症に苦しむ男子大学生(21)「結局、陰性が出たからといって治るわけじゃないんだなと」

男性は、4月1日に発熱。

PCR検査を受け、7日に陽性と診断された。

当時は、医療体制が逼迫(ひっぱく)していたため、ようやく入院できたのは、3週間後の29日。

そして、5月7日以降に陰性となり、9日に退院した。

しかし、体調不良は、さらに続いた。

後遺症に苦しむ男子大学生(21)「1カ月ぐらい前までは、買い物とかに行くにも息切れが激しくて、38度台の熱が夜出たりとか、あとは頭痛と倦怠(けんたい)感とかで起き上がれなかったりとかが続いて、水分とかもとれなくて、脱水症状気味になった」

37度台の熱や倦怠感は、今も続いているという。

さらに...。

後遺症に苦しむ男子大学生(21)「嗅覚障害と息切れと血管痛(血管の炎症)が続いている状況です。長時間外に出ている行動は、今でも難しいのかなと感じる」

現在は、大学を休学し、実家に戻って、家族の支えを受けながら生活しているという。

後遺症に苦しむ男子大学生(21)「3カ月以上症状が続いているにもかかわらず、これでも軽症。いつまで続くのかわからないので、恐怖はすごく大きい」

新型コロナウイルスの後遺症とみられる症例は、ほかにも記憶障害や関節痛、味覚や嗅覚の障害などさまざま。

いったいなぜなのか。

コロナ患者の治療にあたってきた讃井將満医師は、大きく2つの原因が考えられると指摘する。

自治医科大学付属さいたま医療センター集中治療部・讃井將満教授「サイトカインストームというような、いわゆる全身性の炎症が強く出て、ダメージを受けてしまう」

サイトカインストームとは、免疫システムの暴走のこと。

ウイルスが体内に侵入すると、それを攻撃する免疫細胞の活動が活発になる。

このとき、正常な細胞まで攻撃してしまい、炎症が起きるという。

もう1つの原因が、血栓。

讃井將満教授「血栓症として、大小さまざまな血管に血のかたまりが詰まって、血の流れが悪くなる。全体として、炎症をさらに強めることが考えられる」

感染者の後遺症に関する実態を把握するため、厚生労働省は、8月から2,000人を対象に調査を進めるとしている。

後遺症に苦しむ男子大学生(21)「軽症という言葉は軽く見られがちですが、全然軽くないので、それは気をつけてほしい」

(FNNプライムオンライン7月27日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース