新型コロナウイルスの感染者は増加するも沖縄県は渡航自粛要請を出さない決断

社会 暮らし 医療・健康

  • 新型コロナウイルスによる国内の死者が1000人を超えた
  • 東京都・大阪府・愛知県でも感染者が3桁
  • 沖縄県は渡航自粛要請を出さない判断を下した

新型コロナウイルスの感染者が各地で増加傾向

7月28日新型コロナウイルスによる国内の死者がクルーズ船を除いて、1000人を超えた。東京都では新たに266人の新型コロナウイルス感染を確認。過去最多の感染者が確認されたのは大阪府で155人。


また愛知県も過去最多の110人の感染者が確認された。こうした事態に愛知県の大村知事は…

愛知県・大村知事:
愛知県は第2波の大変厳しい山がやってきている。


沖縄県は渡航自粛要請を出さない判断

新型コロナウイルスの感染が拡大している地域を対象に渡航自粛要請を出すかどうかが注目された沖縄県。7月28日に沖縄を訪れた観光客からは…

千葉からの観光客:
感染者が増えているから親とかに心配されたり、行って大丈夫とか。

千葉からの観光客:
自分たちが来るのも帰るのも心配でした。


そして午後沖縄県の玉城知事は…

沖縄県・玉城知事:
新型コロナウイルスの感染が拡大している地域との往来は、慎重に判断していただきたいと思います。特に東京都への不要不急の往来は、より慎重な判断をお願いいたします。観光で来県される皆様には新しい旅のエチケットの実践と、沖縄ツアースタイルwithコロナへの協力を求めてまいります。

沖縄県としての渡航自粛要請は出さず、慎重な判断を呼びかけるにとどめた。


この発表を食い入るように見ていたのが沖縄旅行を主に取り扱う都内の旅行会社。こちらの会社は扱う8割以上が沖縄へのツアー。沖縄県の発表には安堵の声が…

ジャンボツアーズ国内旅行統括本部東京営業所・船戸信子所長代理:
とりあえずこんなこと言っていいのか分からないですが、ホッとしました。前回の時(東京除外)みたいにキャンセルの電話・キャンセルのメールがどんどん来るというようなことは、ないと信じています。


新型コロナウイルスの感染対策と観光客受け入れの両立を目指す玉城知事の決断。一方で7月28日の沖縄の新規感染者数は21人。2日連続で過去最多となっている。玉城知事は市中感染が広がっている可能性に懸念を示した。

沖縄県・玉城知事:
県全体の流行ではなく地域的な流行が始まっていると考えられ、中南部については市中感染が懸念される状況であります。


沖縄旅行をした山口県の女性が感染

沖縄県を巡っては7月28日、山口県からも気になる発表があった。岩国市に住む20代女性の感染が新たに確認された。

山口県会見:
沖縄旅行ということは、非常に重要な情報ではないかと考えています。


新型コロナウイルスの感染が確認される二日前まで沖縄旅行に行っていたことが分かった。女性は7月22日に新幹線で新岩国から博多まで移動し、福岡から飛行機で沖縄本島へ。複数の観光地などに立ち寄り、25日に山口県に戻った。その翌日発熱などの症状が出たという。


ーー新型コロナウイルスに感染したのは旅行に行く前なのか。それとも道中か?

山口県会見:
今のところどちらの可能性も否定はしない。

7月28日、羽田空港から沖縄に向かおうとしていた人たちからは…

仕事で沖縄へ行く男性:
新型コロナウイルスになったらなったで仕方ない。

旅行で沖縄へ行く男性:
注意するしかない。

新型コロナウイルスの感染対策と経済の両立を目指す難しいかじ取りは続く。


加藤綾子キャスター:
新型コロナウイルスの感染は心配だけれども経済も心配ということで、沖縄県が本当に難しい判断を迫られていますよね。

パトリック・ハーラン氏:
大変な問題ですよ。これは沖縄県においての観光の経済波及効果は1兆円を超えます。もちろん感染は命がかかっている大事な問題なのですが、観光も死活問題ではあります。僕は夏休みを考えて一応沖縄県に電話入れました。「来るなとは言わないが」検討する時は、タイミングも検討してくださいと言われました。


加藤綾子キャスター:
心配はしているようですね。

パトリック・ハーラン氏:
ですから今回は行かないけど、将来少し落ち着いたら必ず僕は沖縄に行ってみたいです。

加藤綾子キャスター:
2020年の夏休みは、時期も過ごし方も休みの過ごし方も新しい生活様式を考えないといけないということになります。

(「Live News it!」7月28日放送)

(FNNプライムオンライン7月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース