都内の飲食店でクラスター相次ぐ “はしご酒”が原因か

社会 暮らし 医療・健康


都内の飲食店などで、新型コロナウイルスのクラスターの発生が相次いでいる。

東京・品川区では、東大井5丁目にある4つの飲食店で、店主と客のあわせて6人の感染が確認された。

この地域では、1日で複数の店を利用する、いわゆる「はしご酒」の客が多く、小規模な店が密集していることから、クラスターが発生したとみられている。

一方、足立区は、フィリピンパブ「Sound Stage GUEST」で、これまでに女性従業員など7人の感染が確認されたとして、店名を公表した。

足立区内のフィリピンパブのクラスターは、これで3件目。

(FNNプライムオンライン7月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース