新型コロナワクチン臨床試験「最終段階」 米政府が支援

国際 医療・健康


アメリカのトランプ大統領は、政府が開発支援する新型コロナウイルス向けのワクチンが、臨床試験の最終段階に入ったと発表した。

トランプ大統領「承認前、最終段階となる臨床試験だ。これだけ早くできたものは、ほかになかった」

トランプ大統領は27日、バイオ企業「モデルナ」社のワクチンが、臨床試験の最終段階に入ったと発表し、政府が進める開発支援策「ワープ・スピード作戦」の成果だとアピールした。

最終段階の臨床試験は、アメリカ国内のおよそ100カ所で、3万人を対象に実施される。

モデルナ社は2021年以降、年間最大で10億回分のワクチンが生産可能になるとしている。

(FNNプライムオンライン7月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース