韓国の民間植物園 安倍首相の“謝罪像”設置

国際


韓国の民間の植物園が、慰安婦問題を象徴する像の前でひざまずいて謝罪する安倍首相の像を設置し、菅官房長官は「国際儀礼上許されないと思う」と不快感を示した。

「永遠の贖罪(しょくざい)」と名づけられたこの像は、韓国東部の平昌(ピョンチャン)にある民間の植物園が設置したもので、慰安婦問題を象徴する像とその前でひざまずいて謝罪する安倍首相がモデルになっている。

この像の除幕式が8月11日に行われることが報じられると、韓国では「日本大使館前にも設置しよう」のほか、「幼稚すぎる」などと賛否両論の声が上がった。

これについて、菅官房長官は記者会見で「事実かどうか確認していない」と前置きしたうえで、強い不快感を示した。

菅官房長官「そのようなことは国際儀礼上許されないと思う。仮に報道が事実であるとするならば、日韓関係に決定的な影響を与えることになる」

一方、韓国外務省は28日午後の記者会見で、「どこの国であれ、外国の指導者に対して礼儀を考慮する必要がある」と述べたが、具体的にどのような対応をとるかについては、「いろいろなことの確認が必要」として触れなかった。

(FNNプライムオンライン7月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース