北朝鮮・金正恩氏 演説で“核”正当化

国際


北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は、朝鮮戦争休戦67年の記念日にあたる27日に演説を行い、「朝鮮戦争と同じ苦痛が繰り返されないように、核保有への道を歩んできた」と述べ、核開発を正当化した。

これは、北朝鮮メディアが報じたもので、金委員長は「自衛的な核抑止力により、この地には、もはや戦争という言葉はない。安全は永遠に担保される」とも強調した。

非核化協議が膠着(こうちゃく)する中、核放棄に応じない姿勢をあらためて示し、アメリカをけん制する狙いがあるとみられる。

(FNNプライムオンライン7月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース