アベノマスクさらに8000万枚配布へ 保育所など対象も ニーズは...?

政治・外交 医療・健康


「なかなか届かない」、「小さい」など、いろいろ言われた、あの「アベノマスク」が再び配布されることになった。

その数は、なんと8,000万枚。

総額260億円にのぼる多額の国費を投じ、全世帯に配られた通称「アベノマスク」。

皆さんは使っていますか?

20代女性「わたしは使ったことはない。父親が使っているんですけど、普通にいいみたい」、「ガーゼマスクがあんまり...不快感があるのかなって。一度も袋から開けていない」、「結構大きめだったから、隙間から菌とか入ってきそう。本当に最終手段」

街からは、多くの不評が聞かれる中、政府は、7月下旬から保育所や介護施設などに、およそ8,000万枚を追加配布する。

50代男性「あまり意味がないと思います。税金の無駄という気がします」

40代男性「そのお金は、別の形で使った方がいいのでは」

アベノマスクの再配布が報じられると、ネット上では、関連ワードが次々とトレンド入りする事態に。

では、保育の現場は、アベノマスクを必要としているのか。

取材班は、東京都内の保育園に向かった。

ここには、4月に政府から職員用のアベノマスクが十数枚届いたという。

しかし、現在使用している職員はいない。

職員「大きさとかサイズも小さいので使っていない」、「もう夏場で苦しくて紙マスクに替えました」

実は、保育所や介護施設などにアベノマスクが配布されるのは、今回で3回目。

政府は、4月から1人1枚が行き渡るようにおよそ2,000万枚、さらに6月下旬には、1人2枚分となる4,000万枚を配布。

そして今回は、マスク不足が解消された中で、これまでで最大の1人4枚、計8,000万枚を配るという。

キャンディーパーク保育園・武藤大助園長「今マスクが足りないとか、手に入らないという人はいないと思う。今必要かと言えば、今のところは間に合っていますという状態」

うずたかく積まれたアベノマスクの山。

不要な人から集めたもので、その数は、3万枚にも及んでいる。

愛知・名古屋市に住む前田明子さんらは、全国から集めたアベノマスクを、慈善団体を通してフィリピンのスラムに送っている。

アベノマスクの再配布については...。

アベノマスクの寄付を募った前田明子さん「(再配布の)必要はないのかなと思う。アベノマスクはいいよねという声は、1回も聞いたことがないので賛同はできない」

すでに予算に計上されている8,000万枚の再配布。
投じられる税金は...。

菅義偉官房長官「今後、介護施設に配布する予定の約8,000万枚の合計1億5,000万枚(3回分)の調達等に要した費用は、計247億円である」

厚労省は、番組の取材に対し、「布マスクの配布は、繰り返し使えるため需要抑制にもつながり、継続的に配布することは、今後の感染拡大に備えるためにも有意義と考えている」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン7月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース