“夜の街”を上回り...東京で「家庭内感染」が最多に 軽症者ホテルの確保は

社会 暮らし 医療・健康


新型コロナウイルスの感染が再拡大している東京都で、直近1週間の感染状況を調べたところ、家庭内感染が「夜の街」を上回り、最も多くなっていることがわかった。

7月22日から28日までの1週間で、都内の感染者数は、あわせて1,795人にのぼった。

この間の感染状況について、東京都の発表をまとめたところ、夜の街の関係者が200人だったのに対し、家庭内での感染は212人にのぼっている。

また、会食を通じた感染が101人、職場での感染が94人となっている。

家庭内感染では、母親から家族4人が感染したとみられるケースや、孫から祖父母が感染したケースなど、さまざまな感染例が報告されている。

東京都の担当者は、「症状がなくても、日常的に換気や手洗いなど、予防策を講じてほしい」としている。

この家庭内感染のリスクを減らすためにも、東京都は、軽症者や無症状の感染者が療養するホテルの確保を急いでいる。

都内では、歌舞伎町のホテルを含めて、7月末までに、宿泊療養施設は、およそ2,150室まで増える。

しかし、28日の時点で、ホテルで療養している感染者が213人だったのに対して、自宅にとどまって療養している感染者は2倍以上の483人にのぼっていて、感染拡大にともない、今後、いかにホテル利用を促していくのかが課題といえる。

(FNNプライムオンライン7月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース