中国から「謎の種」が米各地に 個人情報 入手目的?

国際


アメリカ各地で、注文していない植物の種が突然家に届くという事案が多発し、当局が調査に乗り出した。

アメリカ農務省は、「注文していない植物の種が入った不審な小包が、全米の家庭に配達されている」と発表した。

地元メディアは、こうした事案が少なくとも27の州、およそ1,000件確認されていると報じている。

ウズベキスタンから種が届いた女性は、「夫が郵便受けから小包を持ってきた。何か聞いたら『種だ』って」と話した。

農務省は、個人情報を不正に利用した詐欺の可能性を指摘したうえで、絶対に植えないよう呼びかけている。

小包の多くには「中国郵政」と書かれているが、中国外務省は、「送り状は偽造されたもので、調査のため、中国郵政は、郵便物を中国に送り返すようアメリカ側に求めた」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン7月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース