南シナ海問題 米豪“中国の主張は無効”で一致

国際


アメリカとオーストラリアの外務・防衛閣僚協議が28日、ワシントンで開催され、南シナ海問題で中国の主張を認めないとの認識で一致した。

アメリカのポンペオ国務長官は協議終了後の会見で、「南シナ海における法の支配を取り戻すために、オーストラリアと協力していく」と述べたうえで、オーストラリア政府は中国の圧力に立ち向かっていると称賛した。

また、共同声明では、南シナ海についての中国の領有権の主張は「国際法に照らして無効だ」とそろって批判した。

さらに、香港や新疆ウイグル自治区などでの中国の強権的な行動に対しては「深刻な懸念」を示した。

両国政府が対中批判で足並みをそろえたことで、中国が反発することは避けられない見通し。

(FNNプライムオンライン7月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース