「黒い雨」裁判 84人全員を被爆者認定

社会


広島への原爆投下後に降った「黒い雨」をめぐる裁判で、広島地裁は29日、原告全員を被爆者と認める判決を言い渡した。

この裁判は、原爆投下後に降った放射性物質を含む「黒い雨」を浴びたにもかかわらず、被爆者健康手帳の交付申請を却下されたのは違法として、広島県内の84人が、県や広島市を相手取り、処分の取り消しなどを求めていたもの。

29日の判決で、広島地裁は「『黒い雨』にあったかを認定するにあたっては、調査で示された降雨域に単純に依拠することなく、原告らが当時いた場所や供述などの信用性を吟味し判断すべき」として、国が定めた「線引き」の妥当性を否定した。

(FNNプライムオンライン7月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース