“日韓対立”WTOが小委員会設置 輸出管理厳格化めぐり

国際 政治・外交


日本と韓国の輸出管理をめぐる対立は、長期化する見通し。

WTO(世界貿易機関)は29日、日本政府による韓国向け半導体材料の輸出管理強化が不当だとして韓国が要請していた紛争処理小委員会の設置を決めた。

紛争処理小委員会は裁判の1審にあたるもので、判断が示されるまでおよそ1年かかるとみられている。

一方、日本政府は、「極めて遺憾」としたうえで、「対話が困難になることを強く懸念している。WTOの紛争手続ではなく、対話こそが最善かつ唯一の解決方法であると認識している」との声明を発表した。

(FNNプライムオンライン7月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース