千代田区長 区議会解散を通知 マンション問題で対立

政治・外交


東京の千代田区長が所有するマンションをめぐり、区議会と区長が対立している問題で、マンションの購入手続きを行ったとされる区長の次男が区議会で証言した。

石川区長の次男「(事業協力者住戸という説明を)覚えていないし、聞いた記憶がない」

この問題は、東京・千代田区の石川雅己区長(79)が、区内の高級マンション購入をめぐって、事業者から優遇措置を受けたと指摘されているもので、区議会は虚偽答弁などを理由に区長の刑事告発を決定した。

これに対し区長は、対抗措置として29日、区議会の解散を通知したが、区議会の議長は受け取りを拒否した。

区議会側は、解散の無効を主張している。

(FNNプライムオンライン7月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース