福島・郡山市 飲食店で爆発 1人死亡 17人負傷

社会


30日朝、福島・郡山市の飲食店で爆発事故があり、1人が死亡、少なくとも17人がけがをしていて、大きな被害が出ている。

爆発は午前9時ごろ、郡山市の「しゃぶしゃぶ温野菜」で発生した。

この店は、新型コロナで休業していて、31日の営業再開に向けて改装が進められていた。

1階建ての建物で、外壁などすべてが吹き飛んでしまっていて、跡形もなくなっている。

また、被害は広範囲に及んでいて、隣の店舗の外壁や看板がはがれ落ちていたり、あるいは手前の衣料品店、爆発現場とは逆側のガラス窓が粉々になっているなどの被害が発生している。

爆発があった場所は、郡山市中心部の目抜き通りで、通り沿いには多くの店が立ち並んでいる。

この周辺は、住宅や店舗が密集する場所となっている。

この爆発で1人が死亡し、少なくとも17人がけが、そして重傷者も出ているという情報も入っている。

また、広範囲に店舗の破片なども散らばっていて、この現場からすぐ近くの店舗などにいた方は、近くの公園などにすぐに避難したということで、そのほか、周囲の住民の方々は今のところ、避難情報などは出ていないという。

ただ、警察から「ガス漏れが止まったという情報はないので、家の中に避難し続けてください」という言葉が出ている。

原因などは調査中だが、“ガス漏れ”という言葉が出てきている。

(FNNプライムオンライン7月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース