新型コロナ拡大に政府は GoToトラベルどうする 「局面かわらず」

政治・外交


新型コロナウイルスの感染者が、1日で1,200人を超えた状況を受けて、政府の対応に変化はあるのか。

フジテレビ政治部の山田勇記者が、中継でお伝えする。

政府関係者の多くがなお、「局面は変わっていない」と語っていて、政府内では、対応を抜本的に見直す段階にはないとの見方が大勢。

菅官房長官は30日、神奈川・川崎市にあるPCR検査施設を訪れ、最新技術を活用して検査態勢を強化している現場を視察した。

菅官房長官「現時点で、緊急事態宣言を再び発出して、社会経済活動を全面的に縮小させる状況にはない」

政府は、PCR検査態勢の拡充により、症状のない感染者も把握しやすくなったことが数字に表れているとの認識。

Go Toトラベルについても、「感染者の増加と因果関係はない」として、現時点で事業の見直しや中止は考えていないよう。

ただ、30日午前、専門家分科会の尾身会長は、東京以外での人の動きの制限を提言する可能性に言及し、今後、専門家らからの圧力が高まる可能性がある。

一方、政府は、自治体向けに、営業の自粛要請などを行う際の指標を出す検討をしているが、政府関係者は「指標を出せば、それを超えたら経済を止めることになる。その自信がない」と語り、具体的な数値を明示しての指標を示すことには根強い慎重論がある。

政府は、業界ごとの感染防止ガイドラインなどの周知や徹底を図りたい考えだが、感染拡大への国民の不安をどう払拭(ふっしょく)するかに苦慮している。

(FNNプライムオンライン7月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース