誤報で緊急地震速報 揺れ観測なし

社会


気象庁は30日朝、関東地方などで緊急地震速報を出したが、速報システムによる誤報だったと発表した。

気象庁によると、緊急地震速報は、午前9時38分ごろ、関東甲信越と東海、福島県、伊豆諸島に発表されたが、震度1以上を観測した場所はなかった。

緊急地震速報が発表されたほぼ同じ時刻に、伊豆諸島の鳥島近海で、マグニチュード5.8の地震が発生していて、この地震を、房総半島沖で起きたマグニチュード7.3の地震と誤って推定して、緊急地震速報が出たという。

気象庁・加藤孝志地震津波監視課長「緊急地震速報処理において、本来の震源とは異なり、房総半島南方沖に震源を決定し、マグニチュード7.3と過大に推定したため、予測震度が過大となりました。国民の皆さまには、多大なご迷惑をおかけしたことをおわびいたします」

(FNNプライムオンライン7月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース