福島で飲食店爆発 1人死亡 18人重軽傷

社会


人気のしゃぶしゃぶ店で爆発事故。
1人が死亡した。

30日午前9時ごろ、福島・郡山市の中心部で起きた爆発事故。

現場は、全国展開する「しゃぶしゃぶ温野菜」の店舗。

建物は、屋根や外壁が吹き飛び、鉄骨の骨組みだけの状態に。

この爆発で、内装工事の現場責任者を務めていた、宮城・仙台市在住の古川寛さん(50)が死亡。

18人が重軽傷を負うなど、大きな被害が出ている。

街では、「ドンときて、同時に頭に当たったような感じ」、「爆弾と同じだ、すごい音だ」などの声が聞かれた。

消防は、プロパンガスのボンベ3本が漏れている状態で見つかったことから、これが爆発した可能性があるとの見方を示した。

(FNNプライムオンライン7月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース