台湾が300万義援金 豪雨被災地に贈呈

社会 国際


台湾の在日大使館にあたる、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は30日、「日本台湾交流協会」の東京本部を訪れ、「令和2年7月豪雨」の被災地へ送る義援金300万円を贈呈した。

謝長廷代表「(台湾と日本は自然災害発生時)持ちつ持たれつというような慈善の循環が形成されていて、とてもよいことだと思う」

義援金を受け取った日本台湾交流協会の谷崎理事長は、「被災地の人たちにとって大変心強い。台湾の方々の気持ちは、かけがえのないものだと思っております」と感謝を述べた。

(FNNプライムオンライン7月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース