東京は「感染拡大特別警報」 飲食店などに営業短縮要請

社会 暮らし 医療・健康


30日も全国で感染が止まらない。

新たに過去最多の367人の感染が確認された東京では、小池都知事が飲食店などに営業時間の短縮を要請することを明らかにした。

30日、東京都で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は、過去最多の367人。

小池知事は30日午後、臨時会見に臨んだ。

東京都・小池百合子知事「今後状況がさらに悪化した場合には、東京都独自の緊急事態宣言を発することも考えざるを得ない。一刻の猶予も許されないということから、感染拡大特別警報をお伝えをしている」

7月に入って急速に感染者が増えた東京都。

ついに、新たな感染防止策に踏み切ることがわかった。

東京都・小池知事「都内の酒類の提供を行う飲食店、そしてカラオケ店の皆さま方に8月3日から8月31日までの間、営業時間の短縮をお願いしたい」

東京都は、都内のカラオケ店や酒を提供する飲食店に対し、営業時間の短縮を要請することを決めた。

8月3日から31日までの間、営業時間を午後10時までにするよう求めるという。

要請に応じた店舗には、20万円の協力金を支給する考え。

しかし、都内の飲食店には、まだ以前のにぎわいを取り戻していないところもある。

東京・北区にある居酒屋「やきとん大王 赤羽店」の営業時間は午前0時まで。

これが、都の要請に応じるなら午後10時までとなる。

やきとん大王 赤羽店・篠原裕明店主「また午後10時に戻されると思うと、正直厳しいですね」

店は以前も都の要請に従い、営業時間を午後10時までにしていた。

そのころの売り上げは半分以下まで落ち込んだという。

午後10時以降に訪れる客も多く、とても20万円の協力金では足りないという。

やきとん大王 赤羽店・篠原店主「生活していかなきゃいけないのもありますし、それに対して20万円もらえたからといっても、じゃあ営業したら、1日2万円稼げれば(1カ月)60万円稼げるってことになれば、そっちの方が利益が大きくなるのかな。そのへんはすごい葛藤ですね」

感染者の急増は東京に限ったことではない。

29日は、大阪府でも過去最多となる221人の感染が確認された。

感染に歯止めがかからないこの状況に、飲食店からは...

大阪の飲食店関係者「(人が)街全体でも減ってますし、僕らのお店自体もやっぱり減ってきてますね。スタッフもみんなマスクを着けて、対策はずっとやっていますね」

30日は、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、店舗に勤務していたスタッフ1人の感染が確認された。

濃厚接触した可能性があるスタッフに今のところ体調不良を訴える人はいないという。

一方、全国で唯一、感染者が確認されていなかった岩手県は、29日、2人の感染が確認された。

岩手県民「ほっとした部分があるけど、やっぱりもう少し気をつけていかなきゃいけないよなと」

岩手県の達増知事は、感染者の「第1号になっても責めない」と話していた。

これについて、岩手県民は...

岩手県民「(感染した本人も)自分が悪かったって反省してるところもあるだろうし、まったく責めるつもりはないです」

30日、盛岡市の観光施設は閑散としていた。

その中で取材班が出会ったのは、東京都の小笠原村から帰省してきた親子だった。

東京の小笠原村から帰省した人「子どもはいろんなところを触ってしまったりするので、本当に単純な移動経路を考えて移動するようにしています」

岩手県の感染者の1人が関東のキャンプ場に滞在していたことがわかっている。

このため、県内のキャンプ場では不安の声が聞かれた。

キャンプ場利用客「混んでいるキャンプ場に行った時には、それなりの用心・準備をしなきゃいけないだろうなと」

沖縄県では、過去最多となる49人の感染を確認。

また、29日に167人の感染を確認した愛知県は、30日、名古屋市だけで108人の感染が判明している。
100人を超えるのは初めて。

(FNNプライムオンライン7月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース