飲食店で爆発 1人死亡19人重軽傷 ボンベ3本がガス漏れ

社会


福島・郡山市で改装中の飲食店で爆発があり、1人が死亡、19人が重軽傷を負った。

プロパンガスのボンベが爆発した可能性があり、警察などが調べている。

爆発現場から南西60メートルほどの住宅街の防犯カメラ映像。

爆風の衝撃で窓ガラスや外壁が落ち、遠くには白い煙のようなものが上がっている。

30日午前9時ごろ、郡山市の「しゃぶしゃぶ温野菜 新さくら通り店」で爆発があった。

この事故で、現場で内装工事の現場責任者を務めていた宮城・仙台市の古川寛さん(50)が死亡し、19人が重軽傷を負った。

この店は新型コロナウイルスの影響で4月から休業し、近く営業を再開するため改装工事を行っていた。

運営会社によると、ガスコンロからIH調理器に交換するため、店の調理場にコンセントを増設する工事を前日に急きょ行っていたという。

消防によると、現場にはプロパンガスのボンベが6本あり、このうちの3本が漏れている状態だったということで、これが爆発した可能性があるとしている。

警察と消防がくわしい事故原因を調べている。

(FNNプライムオンライン7月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース