コロナ影響の解雇・雇い止め4万人 宿泊・製造・飲食など

社会 仕事・労働


新型コロナウイルスの影響で、業績悪化などによる解雇や雇い止めが4万人を超えた。

厚生労働省によると、新型コロナウイルスの影響による解雇や雇い止めは、見込みも含め29日までに4万32人となり、7月1日に3万人を超えてからおよそ1カ月間で1万人増加している。

業種別にみると、宿泊業や製造業、飲食業などが多く、雇用調整を行っている可能性がある事業所は7万2,457カ所となっている。

(FNNプライムオンライン7月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース