民主派12人の立候補を取り消し 9月の香港議会選

国際


香港の議会選挙を前に、民主派候補12人の立候補が取り消しになった。

香港の選挙管理当局は、9月の議会選挙に立候補していた民主活動家の黄之鋒氏ら民主派候補12人の立候補を取り消した。

香港政府は理由について、中国が制定した「国家安全維持法」に反対していることや、香港の独立を主張していることなどをあげ、ほかにも取り消しの可能性があるとしている。

黄氏は、SNSで「香港人の意思を完全に無視し、議会を支配しようという中国政府の意思が示された」と批判した。

国家安全維持法による政治的圧力の強まりが、あらためて示された形。

選挙は、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期されるとの見方が強まっている。

(FNNプライムオンライン7月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース