都市部で感染拡大続く 東京の一部から地方へ...

社会 暮らし 医療・健康


新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する医療などの専門家は、大阪府、愛知県などで感染者の増加のスピードが増しているとする一方、病院や高齢者施設での広がりはあまり見られていないとの見解を示した。

会議では、最近の感染状況について、都市部を中心に接待をともなう飲食店などで感染拡大が続いていて、一部の地域では、拡大のスピードが増しているため、憂慮すべき状況としている。

また、緊急事態宣言解除以降は、東京都の一部の地域から地方に感染が広がっていると指摘。

一方で、病院や高齢者施設での広がりはあまり見られないとしている。

また、「3密」と「大声」の環境では、「マイクロ飛沫感染」が起こりやすいとしたうえで、感染対策がとられている店や電車でのマイクロ飛沫感染の可能性は限定的としている。

(FNNプライムオンライン7月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース