きょう感染症対策分科会 都・府知事らが対策報告

社会 暮らし 医療・健康


政府は31日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、東京都の小池知事と大阪府の吉村知事も参加して、感染状況の分析などを行う。

専門家による分科会では、現状の分析や今後想定される感染状況について話し合われるほか、小池知事や吉村知事から対策などの報告を受けたうえで、意見交換を行う。

また、政府は「Go Toトラベル」に関して意見を聞くことにしているが、分科会のメンバーは、国が一律に決めるべきではないと話している。

日本医師会・釜萢敏常任理事「国が『あなたのところはどうですよ』というのではなく、都道府県が判断できるような方向にもっていかないと」

日本医師会の釜萢常任理事は、県をまたぐ移動を制限するのか、自治体が判断する目安を提示できればいいと話した。

(FNNプライムオンライン7月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース