台湾 李登輝元総統死去 日本統治下で生まれ育つ

国際


台湾の民主化を進めた李登輝元総統が、30日夜、死去した。

李登輝元総統は30日夜、敗血症性ショックと多臓器不全のため死去したと、入院先の病院が明らかにした。97歳だった。

1988年に台湾の総統に就任した李氏は、1996年に住民による総統直接選挙を実現させ、国民党の独裁が続いていた台湾で民主化を進めた。

日本統治下の台湾で生まれ育った李氏はまた、親日家として知られていた。

死去の一報を受け、台湾の蔡英文総統は「李元総統は亡くなったが、台湾に民主と自由を残した」と哀悼の意を表明した。

一方、中国のメディアも相次いで死去を速報で伝え、中国共産党系の「環球時報」の編集長は、「中国の歴史に永遠の悪名を残すだろう」と論評した。

(FNNプライムオンライン7月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース