「感染レベル3段階」専門家ら分科会で提案へ 分類も数値示さず

政治・外交 暮らし 医療・健康


政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が、31日午前から開かれている。

東京都の小池知事と大阪府の吉村知事も、テレビ会議方式で参加し、感染状況の分析などが行われている。

西村経済再生相「全国の感染状況の分析・評価をいただきたい。両知事を交えて、感染状況、とるべき対策についても意見交換させていただければ」

分科会では、現状の分析や、今後想定される感染状況について話し合われるほか、小池知事や吉村知事から、現在実施されている対策などの報告を受けたうえで意見交換する。

また、感染状況を3段階に分け、レベル1について「感染が広がっている」、レベル2は「医療現場が逼迫(ひっぱく)している」、レベル3は「緊急事態宣言を出すような状況」として評価することが、感染症の専門家から提案される予定。

判断の指標としては、重症者の病床数、60歳以上の感染者数などが想定されているが、具体的数値は、全国一律に決められないとして、示されない見通し。

(FNNプライムオンライン7月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース