ガス漏れか 現場検証開始 しゃぶしゃぶ店爆発

社会


30日に爆発事故が発生した、福島・郡山市のしゃぶしゃぶ店では、業務上過失致死傷の疑いで、警察が現場検証を行っている。

30日、休業中だった郡山市のしゃぶしゃぶ店で発生した、この爆発事故では、改装工事を担当していた50歳の男性が死亡し、付近の住民など19人が重軽傷を負った。

店にあったプロパンガスのボンベは、6本中3本がガスが漏れている状態で見つかっていることから、警察は、何らかの原因で、店内にガスが充満していた可能性があるとみて、業務上過失致死傷の疑いで現場検証を行っている。

今回の爆発事故では、半径300メートルの範囲で、住宅や事務所に被害が発生している。

(FNNプライムオンライン7月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース