「敵基地攻撃能力」の保有 自民の提言案を了承

政治・外交


自民党の安全保障調査会などは31日、事実上の「敵基地攻撃能力」の保有などを政府に求める提言案を了承した。

提言案では、政府に対して、配備計画を断念したイージス・アショアの「代替機能」の早急な検討を行うよう求めている。

また、提言案では「敵基地攻撃能力」の表現を避けながらも、専守防衛の方針のもと「相手領域内でも弾道ミサイル等を阻止する能力」との表現で、事実上の「敵基地攻撃能力」の保有も含めた抑止力の向上が必要だと指摘している。

自民党は、週明けにも政府に提言を行う方向。

(FNNプライムオンライン7月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース