「物言う株主」の提案を否決 東芝の株主総会

経済・ビジネス


「物言う株主」の提案は否決された。

東芝は、31日に株主総会を開き、「物言う株主」として知られる、旧村上ファンド出身者らが設立した筆頭株主ファンド「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント」などが、取締役の選任をめぐって、自らが推薦した社外取締役を加える2つの株主提案を行った。

東芝側は、これに反対したため注目を集めていたが、株主提案はいずれも否決され、会社提案の取締役の選任が承認された。

一方で、エフィッシモ側の弁護士が、株主提案理由について説明した際には、拍手が起きた場面もあり、経営再建を進める東芝は、「物言う株主」とどう協調していくかが課題となるとみられる。

(FNNプライムオンライン8月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース