“お盆休み” 西村大臣 専門家の意見聞く考え 沖縄への移動“慎重な判断”を

政治・外交 暮らし 医療・健康


西村経済再生担当相は、お盆休みの帰省で県をまたいで移動する人が増えることについて、専門家に意見を聞く考えを示した。

西村経済再生担当相「これから8月に入ってですね、帰省される方、あるいはお盆の休みを控えておりますので、(専門家に)そうしたことのご意見をいただくことになる」

西村経済再生担当相は、次回の分科会で感染状況を分析したうえで、お盆休みに県をまたいで移動することについて、専門家の意見を聞く考えを示した。

また、感染者数が増えている沖縄県の玉城知事が、県外からの渡航について慎重な判断を求めたことについて、西村大臣は、「沖縄への移動は、県知事の表明もふまえて判断してほしい」と述べた。

事実上、沖縄へ行くことについて慎重に判断することを求めていて、観光業を支援するGo Toトラベルとの整合性が問われるとみられる。

(FNNプライムオンライン8月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース