キャンプ・BBQでの感染相次ぐ 夏休みのレジャー注意

社会 暮らし 医療・健康


新型コロナウイルスの感染が拡大する中、夏の季節を迎えてキャンプやバーベキューなどを介した感染例の報告が相次いでいる。

1日に東京都が発表した感染例の中には、友人5人でバーベキューをして、全員が発熱したと話しているケースや、友人とキャンプに行って感染した人がいたという。

東京都の担当者は、「バーベキューなどの際に、鉄板の上で同じ食べ物をつつくと、感染する可能性がある」と指摘している。

また、友人と旅行をして感染した人や、休みの日に9人で会食して、4人が感染したケースもあったという。

最近の感染状況を見ても、家庭内や職場、会食での感染が目立っていて、東京都の担当者は「いろいろなところでまんべんなく、感染者が出ている」としている。

(FNNプライムオンライン8月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース