東京で新たに292人確認 全国でこれまでに747人確認

社会 暮らし 医療・健康


東京都で2日、新たに292人が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。

2日に、都内で新たに感染が確認されたのは292人で、4日ぶりに300人を下回ったが、1日の感染者数としては、依然高い水準で推移している。

年代別に見ると、若い世代が多く、20代だけで138人と、全体の半分弱を占めている。

また、懸念されている重症者だが、2日時点では、1日と同じで15人だった。

一方、直近1週間の新規感染者数が人口10万人あたり18.33人と、東京や大阪を上回り、全国で最多となった沖縄県では2日、新たに64人の感染が確認された。

また兵庫県では、1日あたりの感染者数として2番目に多い、60人の感染が確認された。

県はこのうち、加古川市に住む50代の男性について、兵庫県議会の掘井健智議員(53)であると発表している。

愛知県の新規感染者数は160人で、このうち名古屋市では、1日に確認された感染者数が、4日連続で100人を超えている。

このほか、宮崎県で30人、長崎県で23人、三重県で12人の感染者が確認され、それぞれ1日の感染者数として過去最多となるなど、これまでに747人の感染が確認されている。

(FNNプライムオンライン8月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース